Topページ > オパールについて > 含有物と傷

含有物と傷

含有物と傷

ブラックオパールの多くは、砂や石膏、ポッチなどの含有物を含みます。 正面から見てそれが見えない場合は、オパールの価値に影響を与えません。しかしそれからの含有物が表面を少しでも覆う場合には、その石の価値を大きく損なうことがあります。

石膏

表面に編上の細かい灰色の線となって現れることがありますが、これがはっきりと見えるものは、望ましくありません。

ブラックオパールの多くには、ボディや石の裏など表面から見えない所に砂の斑点や塊があります。これはよくあることで石の価値に影響を与えるものではありません。しかしこれが表面にあった場合。それは明らかな欠陥です。

窓(ウインドー)

多くのオパール、特に灰色などの暗色の地色を持つオパールには、色が透き通って見える色の薄い所があります。 これは普通石の後背部のポッチに色むらがあるため。又は背後から色の層まで砂が入り込んでいるためです。 これらはオパールの魅力を損ない、価値を下げます。